2020年2月14日金曜日

ぺちぺちくん52

気功の穴・象気功

しかし、いまだに手洗いなどの風邪の予防策で大丈夫なんて言ってる専門家と称するパ~や能無しコメンテーターがいることに驚くが、まあ、マスク争奪の大混乱でもわかる通り、あたしら一般民衆愚民てなものはとにかくパニックを起こしやすいので、混乱を起こさないための事前の打ち合わせもあると思うのは当然のあれこれであるわけである。

最長24日てな潜伏期間にも感染するとすれば、もう十分にウイルスの粉が日本中に撒かれて、蒸し器で蒸されて、あとは導火線に火をつけるだけであったのが、昨日ついに死者が出て、お告げが成就される方向に着火である。

武漢でもこのウイルスを撒いて蒸し器に蒸される時期があってからの大爆発であるのは想像に難くないので、どのみちまもなく日本が武漢になるのはどう考えても必然である。

国によってはすでに日本は武漢扱いであるが、これからさらに、あちこちで日本人入国拒否が始まるわけである。

お告げ通りであれば、世界中が武漢になるのも必然であるので、医療が追いつかなくなるのは言うまでもなく、ネットで流される動画等の中国での死者に対する厳重な防護服での対応を見てれば、この新型肺炎が容易ならざる問題であるのがバカでもわかるわけである。

しかし、個人的な利害最優先のバカがWHOの代表であるので、これをなかったことにしようとする中国の隠蔽をそのまま受けいれて、バカのご意見を真に受けた日本政府はこれまでおそろしくとんちきな対応で、今さらあれこれの対策を講じても手遅れであるのはいうまでもないことである。

まあ、国の封鎖を政府がやってくれなかったのであるから、あたしらのやることは自分でウイルスを封鎖するということしかないので、武漢同様の首都圏封鎖あるいは外出禁止の大混乱に備えることである。

もちろんあたしは神のお告げでとっくに立てこもりに必要な食糧その他の生活必需品を備蓄をして準備したのはいうまでもないことである。

食料品と生活必需品であるので、たとえお告げが成就されなくても何ら問題はないのは言うまでもないことである。

わははははははははーっ。

いや、笑うことでもないのである。

てなことで、準備は万端ということで、今日は、死者が出て戦々恐々の神奈川県の相模原市にあるアリオ橋本てなショッピングセンターのフードコートに、十分にウイルスを撒いて蒸されたであろう群衆に交じって、楽しい昼飯を食いに行くのである。

お前が日本一のバカだろ。

0 件のコメント:

コメントを投稿